カルド

手ぶら・無料ですぐに体験できる!今ならホットヨガ0円体験開催中!
・都心部でも圧倒的に安い!コスパ重視の方はここで決まり!
・ヨガマットもレッスン予約も不要!ラクに通いたい方向け

LAVA

月額2,909円で通い放題が可能!他のスタジオからの乗り換えキャンペーンも開催中!
・全国店舗数、知名度No.1!150万人が利用した国内最大級スタジオ
・初心者も安心!20人以下の少人数制でインストラクターがしっかり指導

ロイブ

・ビートドラムダイエットなど世界的に話題のエクササイズ多数!
カフェのようなおしゃれ空間で楽しむ女性専用スタジオ
・美意識が高いストイックな20〜30代の女性におすすめ

さらに詳しくおすすめのホットヨガスタジオを知りたい方は、「ホットヨガスタジオ・教室おすすめ人気ランキング!大手7社を徹底比較!」をチェック!

【初心者必見】ホットヨガに適した服装(ウェア)の特徴

伸縮性があり、ゆったりして身体を締め付けないもの

ホットヨガをこれから始めようとしている方は、どのような格好でレッスンを受けて良いかわかりませんよね。そこでここでは、ホットヨガを受けるときにおすすめの服装について詳しく解説していきます。

 

ホットヨガ初心者だという方も、どのような服装でホットヨガに取り組めば良いのかがわかるので、ぜひチェックしてみてください。

 

ホットヨガウェアの特徴 ポイント
機能 吸収性、速乾性
生地 伸縮性
サイズ 大きすぎず小さすぎず

機能:「吸収性」と「速乾性」

ホットヨガは、他のあらゆるエクササイズよりも大量に汗をかくのが特徴のエクササイズです。人によっては1回のレッスンで1リットル近くの量の汗をかくという人もいます。 そのため、ウェアの吸収性と速乾性はとても大切です。

 

吸収性と速乾性を兼ね備えた素材としては、「綿」または「ポリエステル」のものが良いでしょう。また「吸汗速乾」などと表示された、特殊な断面に加工されたウェアを選ぶと良いでしょう。

生地:「伸縮性」

ヨガ用ウェアの生地としては、伸縮性のあるものを意識してみてください。ホットヨガでは、普段なかなかとらないようなポーズをとることで、日常生活ではあまり使わないようなインナーマッスルを鍛えることがあります。

 

しかしヨガウェアの伸縮性がないと、せっかく普段とらないようなポーズをとっても、体を伸ばそうとするのを邪魔してしまい、レッスンの効果を十分に受けられないことにもつながります。ウェアは十分に伸縮性がある生地かどうか、確認して選択するようにしましょう。

サイズ:「大きすぎず小さすぎず」

ホットヨガウェアを選ぶときは、大きすぎず小さすぎずのものを選択するようにしましょう。

 

ぴったりサイズのウェアが良いのではと考える方がいますが、あまりにぴっちりしすぎる服装を選ぶと肌の表面を圧迫してしまい、ヨガのメリットである身体の代謝を上げる効果が半減してしまいます。そして、それによって老廃物の除去やむくみ解消効果が薄れてしまいます。

 

一方でゆったりしすぎるものを選ぶと汗をかいた際に重くなり、やはりこれもヨガの動きの妨げになります。サイズは大きすぎず小さすぎない、自分に合ったものを選択するのがおすすめです。

【ぽっちゃりの方向け】ホットヨガの服装(ウェア)の選び方

【ぽっちゃりの方向け】ホットヨガの服装(ウェア)の選び方

ダイエットのためにホットヨガを始めるという方の中には、自分の体型に対する周りの目が気になってしまう方もいるでしょう。

 

特にホットヨガは基本的に鏡張りの専用ルームで行うため、動きに合わせて胸元やお腹や背中がウェアから出てしまい、それが周囲の人に鏡越しで見られていると感じてしまうかもしれません。

 

そのような方は、気持ち大きめのTシャツなど、体型が目立ちにくいもの、または動いても身体が隠れるものをチョイスしてみてください。

 

もちろん他の参加者の視線を必要以上に気にすることはありませんが、どうしても気になってレッスンに集中できないという方は、1サイズ大きめの服装を選んでホットヨガに集中して取り組むことが大切です。

ホットヨガにおすすめな女性用の服装(ウェア)例

トップス編

トップス編

女性用トップスの場合は、とにかく軽いものがおすすめです。 タンクトップやキャミソール、Tシャツなどでも良いでしょう。

 

また必ず腕を出さないと行けない決まりもないので、肌を見せたくない人は長袖シャツでもレッスンを受けることは可能です。

 

どのくらい肌を見せるかは、女性専用店舗か男性利用可能店舗かによっても判断が異なるかもしれません。自分が通う店舗は男性利用ができるのかどうか、事前にチェックしておくことをおすすめします。

ボトムス編

ボトムス編

ホットヨガウェアの女性のボトムスとしては、スパッツやレギンス、ショートパンツやリラコなどがおすすめアイテムになります。また体型を見せたくない方は、サルエルパンツなどでも大丈夫です。

 

一方でスカート系のボトムスは、やはり動きにくくポージングが取りづらくなってしまうのであまりおすすめできません。

ブラジャー編

ブラジャー編

ブラジャーは普段使用しているものではなく、スポーツブラ用意するのがよいでしょう。普段使用しているブラには内部の胸を支えるワイヤーが入っていますが、さまざまなポーズを行うホットヨガではこのワイヤーが邪魔になってしまうことがあります。

 

スポーツブラはこのワイヤーが入っていないため、動きの邪魔になることがありません。スポーツブラであれば特に種類にこだわる必要はなく、色やデザインなど自分の好みで選んでみてください。

 

また女性に特に人気なのが、ブラジャー機能を兼ね備えているインナー「ブラトップ」です。「カップ付きインナー」と呼ばれることもあり、胸の位置も安定してラクで動きやすいと評判です。

ホットヨガにおすすめな男性用の服装(ウェア)例

トップス編

男性の場合も、ホットヨガの服装は軽く動きやすいものがいいでしょう。速乾デザインの少しゆったりしたTシャツや、スポーツウェアに人気が集中しています。伸縮性があって身体の自由が効き、ヨガに集中できるものを選びましょう。

 

また、できるだけ汗を吸収する素材のものを選びましょう。男性は女性よりも汗をかく絶対量が多くなっています。汗をかきすぎて、そのウェアをずっと着ていたがためにホットヨガなのに身体が冷えてしまうことがないようにしましょう。

ボトムス編

ボトムス編

男性のボトムスの場合も、まず重視したいのが吸収性が高いかどうかです。その上でおすすめなのは、スパッツや膝丈のハーフパンツなどです。

 

ハーフパンツの場合は、裾が大きすぎると下着が見えてしまうことがあるため、できるだけ裾は小さいものを選ぶようにしましょう。また長いボトムスでも構いませんが、その場合は軽いものを選ぶようにすると動きやすくなります。

ホットヨガの服装(ウェア)はユニクロやGUでいい?

ホットヨガの服装をユニクロやGUで買って良いのかと考える方が多くいますが、結論から言うとユニクロやGUのウェアでも全く問題ありません。

 

例えばユニクロのウェアコーナーには、「エアリズム」や「ドライEX」といった速乾性能が高い衣類が並んでいます。このような衣類は軽量で伸縮性もあるため、ホットヨガにはとても向いていると言えます。

 

そしてユニクロの商品は機能性が高いうえにリーズナブルであるため、ホットヨガ初心者の方の中には、まずはユニクロで服を購入するという方も多くいます。そのままユニクロウェアでレッスンを継続するもよし、慣れてきた後に、初めて専用のヨガウェアを購入するもよしです。

 

同じように、GUにも「GU ACTIVE」というスポーツウェアブランドがあり、ヨガをはじめとしてあらゆるスポーツに適した機能性や生地を搭載しているので、安心して着用できます。

 

ホットヨガの服装選びで一番大切なことは、自分が気持ちよくホットヨガに集中できる服装かどうかということです。それを意識してウェアを選んでみてください。

ホットヨガの服装(ウェア)はスタジオでレンタルできる?

ホットヨガの服装(ウェア)はスタジオでレンタルできる?

これからホットヨガを始めようと考えている方の中には、ホットヨガに適した服装を持っておらず、まずは体験レッスンだけ受けてみたいと考えている方も多いでしょう。

 

そこで以下では、各有名ホットヨガスタジオのレンタルウェアの有無と、そのレンタル価格を比較してみました。まだウェアを持っていない人で体験レッスンを検討している方は、1つの目安として参考にしていただければと思います。

 

スタジオ名 ウェアレンタル価格
LAVA(ラバ) 上下各370円
カルド 上下各300円

※手ぶら体験の店舗やプレミアム会員はウェアレンタル無料

zen place strong 上下各216円
zen place(旧ヨガプラス) レンタルなし
ロイブ 上下各151円
ララアーシャ 上下各200円
ラビエ 上下各210円

(おまけ)ホットヨガの行き帰りにふさわしい服装は?

最後にホットヨガの前後、つまりスタジオの行き帰りにふさわしい服装についてご紹介します。

 

行き帰りの服装を決める際には、行きよりも帰りのことを考えるのが大切です。理由としては、行きの服装は正直なんでも良いですが、帰りは以下のようなことを気にする必要があるからです。

汗をかいた後やシャワーを浴びた直後に着れるか

ホットヨガをして帰宅するときは、汗をかいた後またはシャワーを浴びた直後に服を着ることになります。そのときに着やすい服装を選択すると良いでしょう。

 

具体的には、ゆったりしたワンピースやスカートなら問題ないでしょう。逆にスキニーパンツなど体にぴったりくっつく服装だと、ホットヨガ後に着て帰りたいと思わないかもしれません。

帰宅中に体が冷めてしまわないか(特に冬場は注意)

ホットヨガのレッスンを受けると体がポカポカしますが、帰宅中に体が冷えてしまわないように十分注意する必要があります。特に冬場は、スタジオと外気の寒暖差で自律神経が乱れ、体調を崩してしまわないように注意しましょう。

 

特に冬場は露出の多い服装は避け、体を温めながら帰宅することをおすすめします。

身体を締め付けることがないか

ホットヨガレッスンでは水分をたくさんとることから、レッスン直後は水分でお腹が張っているかもしれません。またレッスン後は疲れてラクな格好をしたいと思うことでしょう。

 

そのようなことを考えると、先ほどもお伝えした通り、体を締め付けない服装や着ていてラクな服装が良いでしょう。

 

また、全国知名度N0.1の大手ホットヨガスタジオであるLAVAのレッスンに必要な持ち物が知りたい方は「LAVA(ラバ)で必要な持ち物は?通常レッスン・体験・入会時の持ち物をチェック!」もチェックしてみましょう。

ホットヨガLAVA
LAVA(ラバ)で必要な持ち物は?通常レッスン・体験・入会時の持ち物をチェック!
2019-08-06 15:09
LAVA(ラバ)の通常レッスンに必要な持ち物は? LAVAは、全国で150万人の方に利用されているホットヨガスタジオです。 LAVAはホットヨガ初心者にも丁寧に対応してくれること...

 

ホットヨガに取り組む服装がわかったら、いざ体験レッスンに申し込みしてみましょう。大手ホットヨガスタジオでは体験レッスンを無料〜500円程度で受けられるので、まずは気軽な気持ちで受けてみましょう。

 

おすすめのホットヨガスタジオについて詳しく知りたい方は「ホットヨガスタジオ・教室おすすめ人気ランキング!大手7社を徹底比較!」をチェックしてみましょう。

ホットヨガカレッジおすすめランキング
ホットヨガスタジオ・教室おすすめ人気ランキング!大手7社を徹底比較!
2019-02-01 18:28
ホットヨガスタジオ・教室の選び方 ここ数年で急激に人気が出てきて、スタジオ数も伸びているホットヨガですが、ホットヨガスタジオを選ぶにあたり押さえておきたいポイントにはどのようなもの...

 

ヨガのやり方に関する他記事もチェック
ポーズ ホットヨガの基本的なポーズ一覧!13種類のポーズの取り方とポイントをチェック!
服装 【女性/男性別】ホットヨガの服装(ウェア)はユニクロで良い?行き帰りやぽっちゃり向けの服も紹介!
自宅 自宅でホットヨガはできる?お風呂や部屋で行う場合の注意点とは
メガネ ホットヨガはメガネでもいい?視力が悪いならコンタクトが良い理由とは
生理 生理中にホットヨガをしても大丈夫?生理痛や不順が改善するって本当?
妊娠 妊娠初期はホットヨガをやってはいけない?赤ちゃんへの影響やマタニティヨガについてチェック!
関連キーワード
  • 生理中にホットヨガをしても大丈夫?生理痛や不順が改善するって本当?
    生理中にホットヨガをしても大丈夫?生理痛や不順が改善するって本当?

    生理中にホットヨガをしても大丈夫? 女性に人気の高いホットヨガですが、ホットヨガを思いっきり楽しむにあたって、...

  • ホットヨガ前後におすすめの食事!ベストな時間のタイミングやNGな食べ物を紹介!
    ホットヨガ前後におすすめの食事!ベストな時間のタイミングやNGな食べ物を紹介!

    ホットヨガ前後に食事をして平気? ホットヨガのレッスンを受けるにあたって、レッスン前後にいつ食事をして良いのか...

  • 通い放題プランがおすすめのホットヨガスタジオ
    通い放題プランがおすすめのホットヨガスタジオをエリア別に紹介!

    ホットヨガスタジオに通うのに回数指定と通い放題どちらがおすすめ? 近年日本で人気を博しているエクササイズの1つ...

  • ホットヨガ後にプロテインは飲んでいいの?ダイエット効果やよくある誤解を紹介
    ホットヨガ後にプロテインは飲んでいいの?ダイエット効果やよくある誤解を紹介

    ホットヨガとプロテインは相性抜群! ホットヨガに取り組んでいる方のほとんどは美意識が高く、ダイエットをしたい方...

  • 朝ヨガのメリットとは?早朝からホットヨガができるスタジオまとめ
    朝ヨガのメリットとは?早朝からホットヨガができるスタジオまとめ

    朝ヨガのメリットや効果 ヨガをやりたいと考えているみなさんの中には、朝の時間を有効活用してヨガに取り組みたいと...

  • 腎臓、心臓、内臓ホットヨガアイキャッチ
    ホットヨガは腎臓、肝臓、心臓に負担がかかる?内臓への影響をチェック

    ホットヨガは腎臓、肝臓、心臓に負担がかかる? ホットヨガは健康やダイエットに良い運動として人気がありますが、そ...