ホットヨガLAVA

▼当サイトで人気のホットヨガスタジオはこちら!

 

ホットヨガランキング1位アイコンLAVA【CMで話題!全国店舗数No.1】

初心者におすすめ!12月は手ぶら体験がたったの150円!

 

ホットヨガランキング2位アイコンカルド【コスパ最強!ジムも併設!】

ヨガマットもレッスン予約も不要!ラクに楽しみたい方!

 

ホットヨガランキング3位アイコンロイブ【綺麗になりたい女性へ!】

オシャレ空間で楽しめる女性専用スタジオ!

 

さらに詳しくおすすめのホットヨガスタジオを知りたい方は、「ホットヨガスタジオ・教室おすすめ人気ランキング!大手7社を徹底比較!」をチェック!

LAVA(ラバ)ではヨガマットをどう用意すればいい?

これからLAVAでホットヨガを始めようとしている方の中には、ホットヨガマットをどう用意すればいいのか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

 

ホットヨガ自体が初めてという方にとっては、特に悩ましい問題ですよね。方法は大きく分けて2つあり、レンタルするか購入したものを持ち込むかです。

 

それぞれのメリットやデメリットについて説明していきます。

無料レンタルする

実はLAVAでは、ヨガマットを無料でレンタルすることができます。そのため、自らヨガマットを準備する必要はありません。

 

ホットヨガ初体験の方にとっては、最初はどのようなヨガマットを選ぶとよいのかもわからないと思います。知識がない段階でデザインだけでヨガマットを購入してしまうと、後からサイズや厚み、素材などに関して後悔することにもなりかねません。

無料レンタルする

レンタルであれば最初から自分で選ぶ必要もないのでラクですし、もちろん購入代金もかかりません。そしてレンタルの大きなメリットとして、持ち込む必要がないので、通うときの荷物が少なくて済むというものがあります。

 

ただし注意していただきたいのが、LAVAではレンタルマットの上には必ずラグまたはバスタオルを敷くのがルールとなっています。

 

そのためラグまたはバスタオルを、必ず自分で用意する必要があります。バスタオルは滑りやすいということもあり、初心者の方は特に汗の吸収率の高いラグの方がおすすめです。

自分のものを持参する

レンタル以外の方法としては、マイヨガマットを持参してレッスンで使用するのもOKです。通う度に持参しなければならないので、荷物としてはかさばってしまいます。

 

しかし自分のものなので衛生面は気にしなくてもよく、汗や臭いなどを気にせず使えるのでヨガに集中することができます。

 

またLAVAのスタジオ以外でも活用できることを考えれば、屋外などさまざまな場所でヨガをやりたいという方は、ヨガマットを購入するのもよいかもしれません。

 

さらにLAVAには、マンスリーメンバーであれば月額1,100円(税込)でヨガマットをメイン店舗に保管してもらえるサービスもあります。通う頻度が多い方やお財布に余裕のある方は検討してもよいかもしれませんね。

 

ちなみにLAVAにはスターターセットがあり、入会のタイミングで購入を勧められます。

LAVAスターターセット

出典:https://yoga-lava.com/

 

スターターセットはヨガマット、マットケース、ラグ、yogish(ヨガマット用抗菌スプレー)、エッセンシャルバーム(レッスン前に塗り発汗促進するもの)、LAVASTYLE(レッスン後に塗り身体のむくみをとるもの)の6種で、定価が24,110円のところ13,000円で購入できます。

 

レッスンを通い始めたあとに物販として購入することもできますが、スターターセットとして入会時に購入する場合と比較すると割高になってしまいますので注意しましょう。

 

LAVAの詳しい口コミや評判ついて知りたい方は、「ホットヨガLAVA(ラバ)の口コミ評判は悪い?良い点と悪い点をチェック!」をチェックしてください。

LAVA(ラバ)で推奨されているヨガマットのサイズや厚さは?

LAVAでは、145cm×61cmのヨガマットのサイズを推奨しています。このサイズ以外のマットを使用する場合はスペースを考慮して前後の方と譲り合ったり、必要に応じて丸めたり折りただんだりして周囲との距離を測らなければなりません。

LAVA(ラバ)で推奨されているヨガマットのサイズや厚さは?

また一般的なヨガマットの厚さは5mm前後ですが、LAVAで販売されているヨガマットの厚さの主流は3.5mmとなっており、通常のものより薄く、軽くてコンパクトなので持ち歩きには便利という特徴があります。

 

マットの厚さには特に制限がないので、持ち運びやすさやヨガをするときの肌触りなどを重視するようにしましょう。

LAVA(ラバ)でヨガマットを無料レンタルした場合の使用方法は?

LAVAでヨガマットを借りる手順について見ていきましょう。

 

まずは用意されている好きなマットを自由に選びます。 置いてある場所は店舗により異なりますが、受付付近やレッスンルームを出たところにあることが多いです。

LAVA(ラバ)でヨガマットを無料レンタルした場合の使用方法は?

そして実際にヨガマットを使用する際には、衛生面を考慮し、必ずラグまたはバスタオルをマットの上に敷いて使います。自分の汗が直接滴り落ちないようにするためです。

 

また使用後は用意されている消毒スプレーをかけ、タオルで拭いてから返却するようにしましょう。後の人が気持ちよく使えるように、清潔な状態で返却するようにしましょう。

 

LAVAの詳しい口コミや評判ついて知りたい方は、「ホットヨガLAVA(ラバ)の口コミ評判は悪い?良い点と悪い点をチェック!」をチェックしてください。

LAVA(ラバ)のヨガマットはメルカリで購入できる?

LAVAのヨガマットは、メルカリで購入することもできます。メルカリのアプリを開くと、過去にどのようなマットがいくらで取引されているのかの相場も知ることができるので、ぜひチェックしてみましょう。

 

ただし、フリマアプリであるメルカリには新品のものと中古のものがあるので、気になる方は使用回数やマットの状態を出品者に確認してから購入することをおすすめします。

 

ちなみにヨガマットの種類ですが、LAVAのスタジオ内にLAVA以外のヨガマットを購入して持ち込んでも問題ありません。サイズが正しく周囲に迷惑が掛からないものであればよいので、デザインや重さなどが気に入ったものを選ぶようにしましょう。

 

また、LAVA以外のおすすめのホットヨガスタジオについて知りたい方は「ホットヨガスタジオ・教室おすすめ人気ランキング!大手7社を徹底比較!」をチェックしてみましょう。

ホットヨガカレッジおすすめランキング
ホットヨガスタジオ・教室おすすめ人気ランキング!大手7社を徹底比較!
2019-02-01 18:28
ホットヨガスタジオ・教室の選び方 ここ数年で急激に人気が出てきて、スタジオ数も伸びているホットヨガですが、ホットヨガスタジオを選ぶにあたり押さえておきたいポイントにはどのようなもの...

 

LAVAの他の記事もチェック
口コミ評判 ホットヨガLAVA(ラバ)の口コミ評判は悪い?良い点と悪い点をチェック!
体験談 【実際の体験談】LAVA(ラバ)の体験レッスンの口コミや感想をチェック!
料金 LAVA(ラバ)の料金は高い?店舗によってかかる費用が違う!
店舗一覧 ホットヨガLAVA(ラバ)の店舗・スタジオ一覧
予約 LAVA(ラバ)の予約やキャンセルは電話やWebでできる?混んでるときに予約するコツとは!
持ち物 LAVA(ラバ)で必要な持ち物は?通常レッスン・体験・入会時の持ち物をチェック!
ヨガマット LAVA(ラバ)の ヨガマットのサイズや厚さは?レンタルやメルカリで購入する注意点は?
ラグ LAVA(ラバ)ではラグが必要?代用やレンタルもできる?適切サイズや使用方法とは!
光スタジオ LAVA(ラバ)で光スタジオのある店舗一覧!
サウンドフローヨガ LAVA(ラバ)のサウンドフローヨガのポーズと内容は?
CM ホットヨガLAVA(ラバ)のCMに出ている女優・モデルは誰?
男性 LAVA(ラバ)は男性も利用できる?利用可能な店舗を一覧で紹介!
退会 LAVA(ラバ)の退会・解約は電話でできる?辞める方法や主な理由、かかるお金は?
カルドとの比較 LAVA(ラバ)とカルドを比較!おすすめなのはどっち?
関連キーワード
  • ホットヨガLAVA
    ホットヨガLAVA(ラバ)の店舗・スタジオ一覧
  • ホットヨガLAVA
    LAVA(ラバ)のサウンドフローヨガのポーズと内容は?
  • ロイブ
    ホットヨガロイブのプログラム一覧!人気のレッスンはどれ?
  • ロイブ
    ホットヨガロイブのサウンドフィールヨガとは?使われてる曲もチェック!
  • ビートドラムダイエットホットヨガアイキャッチ
    BEAT DRUM DIET(ビートドラムダイエット)はホットヨガスタジオロイブでできる?
  • プルモホットヨガアイキャッチ
    ホットヨガプルモの口コミ評判は?良い点と悪い点をチェック!