カロリーホットヨガアイキャッチ

▼当サイトで人気のホットヨガスタジオはこちら!

 

ホットヨガランキング1位アイコンLAVA【CMで話題!全国店舗数No.1】

初心者におすすめ!12月は手ぶら体験がたったの150円!

 

ホットヨガランキング2位アイコンカルド【コスパ最強!ジムも併設!】

ヨガマットもレッスン予約も不要!ラクに楽しみたい方!

 

ホットヨガランキング3位アイコンロイブ【綺麗になりたい女性へ!】

オシャレ空間で楽しめる女性専用スタジオ!

 

さらに詳しくおすすめのホットヨガスタジオを知りたい方は、「ホットヨガスタジオ・教室おすすめ人気ランキング!大手7社を徹底比較!」をチェック!

ホットヨガで消費できるカロリ-

ダイエットのためにホットヨガを始めようと思っている人にとって、ホットヨガでどのくらいダイエットができるのかは気になるところでしょう。

 

中でも、ホットヨガで消費できるカロリーがどのくらいかは知っておいて損はないでしょう。一般的に、ホットヨガのレッスンを受けると、1時間で平均300-350キロカロリーの消費が期待できるとされています。

 

高温多湿の環境下で行うホットヨガは、特に激しい動きはしなくても、ある程度のカロリーを消費できるということですね。1つの目安としておよその数値を覚えておきましょう。

ホットヨガの消費カロリーに相当する食事量は?

ホットヨガの消費カロリーに相当する食事量は?

それでは、ホットヨガを1時間することで消費できる300-350キロカロリーは、どのくらいのものでしょうか。

 

今回は、同程度の含有カロリーを持つ食べ物や飲み物と比較してみましたので参考にしてください。味付けや量などによって多少の変動はありますが、およそ次の通りになります。

 

食べ物、飲み物 含有カロリー
ポテトチップス 1/2袋 300kcal
ビール 中ジョッキ2杯 300kcal
食パン6枚切り 2枚 320kcal
かけそば 320kcal
キャラメルフラペチーノTallサイズ 322kcal
ごはん200g 335kcal
エビグラタン 340kcal

ホットヨガと別の活動で消費できるカロリーを比較

ホットヨガと別の活動で消費できるカロリーを比較

続いて、ホットヨガと別の活動をした時の、1時間あたりで消費できるカロリーを比較して表にまとめました。

 

こちらもその人の体重や筋肉量の体質、どのくらい負荷をかけるかなどによってばらつきはありますが、およそ以下のとおりとなります。

 

活動、運動 消費カロリー
ウォーキング 130-150Kcal
常温ヨガ 190-200Kcal
入浴 200-250Kcal
サイクリング(ゆっくり平坦な道) 220-260Kcal
ホットヨガ 300-350Kcal
スイミング(ゆっくり平泳ぎ) 300-400Kcal
ランニング(時速10㎞) 500₋650Kcal

ホットヨガの消費カロリーを増やすにはどうすればいい?

ホットヨガをするにあたって、より効率よくカロリーを消費したいと考えている方は、以下の方法も有効です。1つ1つ試してみましょう。

上級クラスに参加する

ホットヨガの上級者クラスでは、より身体に負荷のかかるレベルの高いポーズをすることになるので、自然とインナーマッスルへの働きかけが強くなります。そのため消費カロリーが高くなりダイエット効果も期待できます。

 

例えば、LAVAの人気プログラムの1つ「パワーヨガ」などは、身体に負荷をかけるプログラムとなっています。

 

ただし、いきなり初心者の方が上級者クラスに挑戦するのを禁止しているスタジオもありますので、上級クラスを希望する方はトレーナーの方と相談しながらクラスを上げていくようにしましょう。

LAVAの詳しい口コミや評判ついて知りたい方は、「ホットヨガLAVA(ラバ)の口コミ評判は悪い?良い点と悪い点をチェック!」をチェックしてください。

週3回以上通う

ホットヨガの効果をより高めるためには、週3回以上通うことをおすすめします。体形の維持やリラックスを目的としてホットヨガに取り組むのであれば週2日以下で十分ですが、本格的に消費カロリーを増やす、つまりダイエットするには、週3回以上脂肪を燃焼する機会を設けた方がよいでしょう。

 

また週3日以上通うことでホットヨガが一つの習慣となり、それによって普段から自分の身体を意識して食事や睡眠、運動などと向き合うことができます。この意識の変化も、週3回以上通った場合に感じる人が多いようです。

レッスン前に白湯を飲む

レッスン前に白湯を飲む

レッスン前に白湯を飲むと、身体を内側から温めることができるので、内臓を温めて血行をよくしたり発汗効果を期待することができます。

 

ホットヨガ中に大量に汗をかくことで、より体内の脂肪が燃焼され、レッスンでの消費カロリーも増大することにつながります。

発汗バームを使用する

発汗バームは血行を良くして汗を促す効果があるので、身体の新陳代謝を上げダイエット効果を期待することができます。

 

その際、体内の水分は飲み物を飲めば解消できますが、肌の乾燥はそうはいきません。そこでレッスンに行く前に全身に発汗バームを塗っておくと、肌の乾燥も防ぐことができます。

 

発汗バームはホットヨガスタジオに売っていることもあるので、本格的に取り組もうというタイミングで購入を検討するのもよいでしょう。

 

おすすめのホットヨガスタジオについてさらに詳しく知りたい場合は、「ホットヨガスタジオ・教室おすすめ人気ランキング!大手7社を徹底比較!」をチェックしてみましょう。

ホットヨガカレッジおすすめランキング
ホットヨガスタジオ・教室おすすめ人気ランキング!大手7社を徹底比較!
2019-02-01 18:28
ホットヨガスタジオ・教室の選び方 ここ数年で急激に人気が出てきて、スタジオ数も伸びているホットヨガですが、ホットヨガスタジオを選ぶにあたり押さえておきたいポイントにはどのようなもの...
  • ホットヨガ芸能人モデルアイキャッチ
    ヨガ好きな男女の芸能人・モデル32人!意外なあの人もハマってた?
  • サーフエクササイズホットヨガアイキャッチ
    サーフエクササイズは痩せる?体験できるホットヨガスタジオまとめ!
  • belta海の家_画像02
    【インスタ映え必至】BELTA海の家 in 由比ヶ浜(鎌倉)でナイトヨガ!
  • 初心者ホットヨガアイキャッチ
    ホットヨガ初心者におすすめのスタジオまとめ!
  • カップル男女ホットヨガアイキャッチ
    カップルでホットヨガデートを楽しもう!おすすめのスタジオまとめ!
  • 男性(メンズ)ホットヨガアイキャッチ
    男性が通えるホットヨガ店舗まとめ!メンズの服装や出会いの有無もチェック!